乳酸菌とビフィズス菌の違いについて

乳酸菌とビフィズス菌は人間の腸の中に存在する善玉菌です。

両方ともヨーグルトや乳製品などに使われていて、
整腸作用をするという点では同じ作用をするのですが、生物学的分類では異なったものなのです。

まず、乳酸菌は糖を分解して乳酸を作るはたらきがあり
人間や動物の腸の中以外にも牛乳、漬け物、乳製品、納豆など
発酵食品の中にもあります。

乳酸菌という名前は、乳酸を作り出して身体にとってよい働きをする細菌の総称をいいます。
「通性嫌気性」という性質を持っていて、空気がない所でも生育することがで きるという点が
ビフィズス菌とは異なっています。そのため自然界に多く生息しているのです。

人間の腸内に存在する乳酸菌はおよそ1億~1000個といわれていて
ビフィズス菌に比べるとかなり少ないです。

一方、ビフィズス菌も糖を分解し、乳酸を作り出す働きがあります。
乳酸菌と大きく異なっている点は、強い殺菌力を持っている酢酸や葉酸、
ビタミンB群を作ることができるという所です。

また生物学上では「ビフィドバクテリウム」と呼ばれています。

主に人や動物の腸の中に存在し、酸素がある所では生育することができない「偏性嫌気性」という性質があります。

そのため、乳酸菌と違って自然界で幅広く存在することはできないのです。

ビフィズス菌は人間の腸内に棲んでいる善玉菌の99.9%を占めていて、
数は1兆~10兆個といわれていて、乳酸菌に比べるとおよそ100~1万倍にもなります。